カミソリや毛抜きのひげ処理は安心?

なぜカミソリや毛抜きでの処理はいけないの?

化粧をしているときに鏡をみていたら鼻の下のひげが気になって、そのままカミソリや毛抜きでちょいちょいと・・・なんて経験がある人いませんか?
その処理の仕方ほんと危険なのでやめたほうがいいですよ〜。

 

カミソリや毛抜きでひげを処理すると・・・

 

 

毛穴が目立つようになった

 

カミソリでの毛穴が目立つ原因は毛穴の炎症。どんなに注意してカミソリで処理しても角質ははがされ毛穴には細菌が入り込みやすい状態になります。保湿をきちんとしない毛穴は細菌がいつでも入り込める魅惑の穴へと変貌します。そこへ細菌が自由に入り込むと炎症を起こしニキビのような赤くブツブツした状態に変化します。これがカミソリ負けの状態。この炎症はニキビほど頑固ではないので比較的治りやすいのですが、あまりひどいと炎症の治りが遅くなることも。ちなみに毛抜きのほうが炎症は起こりやすいといわれています。

 

肌が黒ずんでしまった

 

カミソリや毛抜きを使っていると、肌は毎回刺激を受けている状態になります。毎回刺激を受け続ける肌はなんとかその刺激に抵抗しようとメラニンの生成を過剰に行うようになります。これが黒ずみの原因。

 

日焼けをすると肌が黒くなりますよね。あれも紫外線という刺激を受けた肌がメラニンを生成し、紫外線から肌を守ろうとしているのです。カミソリや毛抜きの刺激が肌を守ろうとしたメラニンを過剰に生成させているのです。これは炎症性の色素沈着とも言われ、肌が正常な状態であれば、肌のターンオーバーで自然と黒ずみはなくなっていきます。ですが刺激を受けた肌は正常なターンオーバーをすることができずそのまま角質の中に色素が沈着してしまっている状態なのです。

 

黒ずみが気になりだしたらすぐに@刺激を与えないようカミソリや毛抜きでの処理はしないこと。
また乾燥することも良くないのでA保湿をきちんと行い、肌のターンオーバーを正常な状態にしてあげることが大切です。
黒ずみの処理の段階であれば、@とAでかなり改善されると思いますよ。
そういった意味では美白成分も含まれている抑毛ジェルなどは良いかもしれません。

 

ただ、黒ずみが真皮の奥にとどまってしまった場合にはそれだけではなかなか黒ずみは除去できないといわれています。フォトフェイシャルエステのような機械での処理が必要になることも。家庭用脱毛器の美顔機能脱毛エステサロンでの処理が黒ずみにも効果があった、と体験談であるのもフォト(光)の力で黒ずみが改善されたからかもしれません。

 

 

埋もれ毛が気になる

 

これは毛抜きでの処理が主な原因。
毛抜きを使っての処理は毛の根元から抜ければ問題はないのですが、途中で抜けてしまうことも。
その先のとがった毛が毛穴からキレイに生えてこず、毛穴の途中で側面に突き刺さりそのまま肌の中に生えていきとどまった状態が埋もれ毛の原因です。埋もれ毛はご存知のように結構目立ちますし、毛穴をほじくって埋もれ毛を除去することもできますが肌荒れになることは言うまでもありません。鼻の下など皮膚が薄いから?かあまり埋もれ毛にはなりにくいようですが、油断は禁物です。

 

 

など、カミソリや毛抜きでのひげの処理は自分で簡単にできる、ということ意外いいことがありません。軽い気持ちでひげを処理すると取り返しのつかないことになりかねません。カミソリや毛抜きでの処理はできるだけ控えたほうがよろしいですよ。